転職する男性が知っておきたい面接のポイント

転職は怖くない!

おすすめ記事:求人は状況によって変化していく

心をつかむ面接のポイント

2016.5.10心をつかむ面接のポイント


面接官に熱意を見せよう

転職での面接の際に必要なのは、この会社に本当に入りたいというあなたの熱意です。転職での面接は新卒の学生と面接するのとは違い、その人にどんなスキルがあるのか職務経験はどうかなどを見られます。
しかしどんなに経験やスキルが豊富な人でも、新しい会社に入ってまた頑張りたいという熱意がない人には面接官の心が動きません。熱意とやる気があり、明るい人材を迎えたいという意味では転職希望者でも新卒でも同じです。この熱意ややる気は、口先だけで伝えようとしても難しいです。熱意ややる気は、言葉よりも語る表情、姿勢などからのほうが読み取りやすいからです。結局全身からにじみ出てくるものなので、嘘はつけません。転職先を探す時の理由や、転職先に本当に納得して応募し、今面接を受けているのかという事が問われます。

ネガティブな思いを捨てよう

転職をする人はキャリアアップを目指すため、待遇をもっと良くするため、やりたい仕事が出来る環境に移るためというポジティブな理由の人もいる反面、ネガティブな理由の人もいます。前の会社に対する不満、もしくはリストラ寸前だったため仕方なく転職をするという人もいるでしょう。
このような人は以前の会社でのネガティブな思いを引きずりながら面接に参加をしていて、面接官に愚痴を言うような暗い態度を取ってしまいがちです。本人は気づいていなくても、以前の職場にたいして恨めしい気持ちを持っている事が、印象を曇らせてしまいます。転職活動の途中で、過去を振り切る必要があります。あなたが執着しない限り、過去はもうあなたを追ってきたりはしません。面接では今この瞬間を大切にして臨みましょう。それだけでもあなたの印象はだいぶポジティブなものになるでしょう。

自然体で臨みましょう

面接のマニュアルなどを読むと、自己アピールの仕方などが書いてあり、自分の強みをアピールしないといけないと過剰に思いすぎてしまっている人がいます。特に自分の実績にあまり自信がなかったり、それほどのスキルを持っていない人は、多少嘘を入れてでも自分を大きく見せようとしたり、大物だと思わせようとしてしまいます。
しかしそれは逆効果になるでしょう。面接官は年間何十人、何百人の人と会い、面接を行っています。大げさにふるまう人は自信がなく、実力不足の可能性もあるとすぐにばれてしまいます。また嘘のスキルを認められて転職した後、そのスキルを求められた時の事を考えれば、やはり嘘はつくべきではないでしょう。
結局大切なのは今の自分に自信を持って面接に臨む事です。自信を持てば、変に自分を誇張するようなアピールをしたり、嘘をつく必要がありません。自分という人材の質を信じていれば、自然体で面接に臨めて、面接官にも好印象を与える事ができるでしょう。

コチラも読まれています!

罪悪感は不要
罪悪感は不要

今の会社よりもっと待遇の良い会社から転職の内定をもらっているのにもかかわらず、元の会社の同僚達への罪悪感から転職を取りやめてしまう人がいます。しかしビジネスマンである以上キャリアアップを目指すのは当然で、その事は同僚達も理解しているはずです。またもしも会社の業績が悪くなり、会社があなたを解雇したとしても、会社はあなたに対して罪悪感を感じる事はありません。解雇する側に罪悪感がない以上、転職する側にも罪悪感は必要ないのではないでしょうか。