転職の不安を払拭して一歩を踏み出そう

転職は怖くない!

おすすめ記事:求人は状況によって変化していく

不安を払拭しよう!

不安を払拭しよう!の記事一覧

15.10.08罪悪感は不要

罪悪感は不要

元の会社よりも待遇がよい転職先がみつかり、無事に内定が出た時に、急に転職を取りやめる人がいます。これまでお世話になった会社や同僚たちを置いて転職する事に対して罪悪感を感じてしまうからです。しかしプロがキャリアアップを目指すのは当然です。また会社はあなたを解雇する時に罪悪感を感じません。そして罪悪感を感じたからと転職を取りやめたあなたを、冷遇する可能性すらあります。罪悪感は一時的な感情であり事実ではありません。罪悪感に振り回されずに冷静に考えて行動をしましょう。続きはこちら

15.10.15ライバルが少ない時期

ライバルが少ない時期

転職活動はいつからはじめても問題ありませんが、内定を取りやすい時期というのがあるようです。まずは3月末や8月末です。これはボーナスが支払われる時期である事と関係があります。退職を考えている人はボーナスをもらってから会社を辞めるからです。当然企業は人材不足になりますので、この時期には求人が多くなり、内定が出る確率も高くなります。このようにできるだけ転職者のライバルが少ない時期を狙う事が内定をもらう確率を高める事につながります。続きはこちら

16.05.10心をつかむ面接のポイント

心をつかむ面接のポイント

転職の面接では、熱意を見せる事が大切です。どんな事を話すかよりも、全身からあふれでる雰囲気により熱意があるかが判断されます。つまり本当に面接先の職場に対して熱意を持っている事が大切です。またネガティブな思いを持って面接に参加をするのはやめましょう。以前の会社への不満が原因で転職する事になったとしても、その記憶はどこかに捨て置きましょう。そして自分に自信を持つ事が大切です。自信があれば嘘や過度なアピールは必要なく自然体で面接に臨めます。そしてその自信は面接官にも伝わるでしょう。続きはこちら

コチラも読まれています!

罪悪感は不要
罪悪感は不要

今の会社よりもっと待遇の良い会社から転職の内定をもらっているのにもかかわらず、元の会社の同僚達への罪悪感から転職を取りやめてしまう人がいます。しかしビジネスマンである以上キャリアアップを目指すのは当然で、その事は同僚達も理解しているはずです。またもしも会社の業績が悪くなり、会社があなたを解雇したとしても、会社はあなたに対して罪悪感を感じる事はありません。解雇する側に罪悪感がない以上、転職する側にも罪悪感は必要ないのではないでしょうか。